村瀬匠(FILL、ハイスクールラボラトリー)のブログ

「探究学習を通じて学ぶ楽しさを思い出してもらう」 興味関心のあるテーマを調査・研究する高校生の探究学習サポートカリキュラムの開発・運営を専門に行っている村瀬匠のブログです。 「探究学習」「教育改革」「入試改革」「総合型選抜入試(旧AO・推薦入試)」「高大接続」「学習方略」などについて発信していきます。

村瀬匠(FILL、ハイスクールラボラトリー)のブログ イメージ画像

更新情報

生徒「数学ができないんです・・・・。」村瀬「そうなんだ。できないところどうしてるの?」こんな会話を学び方専門家庭教師そもそもオンラインではやっています。できない・わからない問題に対してどのような行動をとっているのか自覚的になる。メタ認知と言われるものの一
『教科成績が伸びない子は理解の仕方がわからない?〜数学編〜』の画像

先日大阪大学SEEDSプログラムのシンポジウムにオンライン参加してきました。大阪大学SEEDSプログラムとはSEEDSは「Science & Engineering Enhanced Education for Distinguished Students」の頭文字をとったもので、世界最先端の科学技術にいち早く触れてみたいという意欲的
『「やりたいこと」を学ぶと「教科」を学ぶ二つの学びの一致点と相違点を考察する〜大阪大学SEEDSプログラムシンポジウムをきっかけに〜』の画像

教科の学び方指導をしているとこの子には「勉強の才能がない」「〇〇(教科名)の才能がない」というような言葉をよく耳にします。果たしてそれは本当なのでしょうか?多くの子ども達と接していると「才能」というものは本当にあるのか?と疑問に思うことがあります。(1)
『子どもの成長する力を奪う「才能」という魔法の言葉』の画像

最近は「学び方専門家庭教師」に力を入れている。お陰様でいろんな子供達に出会わせていただいて、とても勉強になる。「正直にお話しすることができない人」「考えるという行動が理解できず、分からない問題を見つけた時に『考える』と言いながら、その問題とただ睨めっこす
『「疑問」、「問題」は大切。それがあるからこそ個人の中に知識が構成されやすい。でも、実際の教育活動では??』の画像

コロナの影響で仕事がなくなり、新しい事業として立ち上げた「学び方専門家庭教師そもそもオンライン」ふと、珍しいことをやっているなと思ったので、改めてなぜ私が教科指導を一切せずに、学び方指導だけをするのかについてその理由を自分の体験も含めて書いていきます。理
『家庭教師をやっても、教科指導は一切しない理由』の画像

↑このページのトップヘ